知っておけば得をする事業者ローンの活用方法

活用方法

貯金箱

保証人が代表者で借りられる

事業者ローンは、法人で契約をするため、第3者の保証人ではなく、代表者本人の名前でお金を借りることができます。そのため、どうしても保証人を頼めない場合に役立ちますよ。

限度額が高い

奈良の事業者ローンには他のキャッシング方式に比べて限度額が高く設定されていますところもあります。そのため大きな金額が必要なときでも、安心して融資を受けることができますよ。

審査が早い

事業者ローンは通常のローンに比べてとても審査が早いです。早いローン業者であれば、当日に融資を受けることも可能です。そのため、スピードが求められる時に便利なローンであるといえます。

活用方法ランキング

no.1

納税資金に使う

奈良の事業者ローン利用目的の中でも多いのが、税金を納めるための資金です。企業は事業が大きくなればなるほど、多額の消費税や法人税の支払いが必要になります。そういう時に、事業者ローンは良く利用されます。

no.2

事業の拡大

次に多いのは新規に店舗を拡大したいときや、今しかない投資先事業を見つけた時です。ビジネスにおけるチャンスはいつやってくるかわかりません。チャンスが来た時に集中投資するために事業者ローンが使われています。

no.3

売掛金の回収が間に合わない時

売掛金とは、商品を販売した金額を販売相手から受け取る権利のことです。商売相手からの売掛金の入金が遅れた場合、芋づる式に自社に負担が掛かることがあります。すると資金繰りに困りますよね。そんな時のために事業者ローンが活用されていますよ。

no.4

前倒して支払う時

例えば下請けの業者にWEBサイトの作成をお願いする時に、前倒しで料金を払う時にも事業者ローンはよく使われます。着手金として、最初に前倒しで料金を支払うことで通常より、作成費用を抑えるといった契約ができるからです。

no.5

大手から融資を受けられなかった時

事業者ローンは、大手の金融会社が提供するローンにくらべて、比較的融資を受けやすいローンです。そのため、設立間もないベンチャー企業などは、短期の資金繰りを目的として事業者ローンを利用する傾向があります。

広告募集中